サジー(沙棘)をくわしくガイドする総合情報サイト

サジー(沙棘)広場  sajihb.com

サジーの分布

ドイツ






              




ドイツにはサジーが広範囲に育っています。とくに海浜沙棘rhamnoidesは北海とバルト海の沿岸地方に多く見られる。バルト海の島々(Hiddensee島やRuegen島など)には同種のサジーが生息している。

渓生沙棘fluviatilisはスイス、イタリア、フランスなどドイツ以外の国に主に分布している。

格尓巴千山沙棘carpaticaはDanube川とIsar川の間に分布している。

色々な鳥たちがサジー果実を食べて、種をフンとして排出する。最近の研究では中央ヨーロッパで42種類の鳥がサジー果実を食べ、その多くの鳥たちがサジー種の分散を担い、とくに大型の鳥(ノハラツグミ Turdus pilarisクロウタドリTurdus merulaヤドリギツグミTurdus viscivorusホシガラスNucifraga caryocatactes   )は無皮組Hippophaeの種の散布に重要な役割を果たしている。

土壌中の空気から窒素固定能力が知られるようになると、サジーは特に石炭など産業衰退の代役として多くの地域で、パイオニア植物として植林されていった。ある地域ではサジーを高速道路に植林された。オレンジ色の果実が観賞用価値があるためだ。前世紀を通してサジーはオレンジ色の果実と銀色の葉のおかげで、観賞用の価値が高かった。

果実の中に豊富なビタミンCが発見されると、ドイツの植物繁殖業者で大変注目された。種の選別と品種改良が産学が平行して活発に行われるようになり、たくさんのサジー生産者大手企業が生まれた。











 
 
Copyright (C) 2004 サジー(沙棘)広場 All rights reserved.