サジー(沙棘)をくわしくガイドする総合情報サイト

サジー(沙棘)広場  sajihb.com

サジーの分布

モンゴル











モンゴルは中央アジアで中国とロシアの間に位置する。面積は日本の4.15倍。起伏が多い土地だ。高原と高くそびえる山々で国土は占められている。モンゴル南東部は寒いゴビ砂漠で覆われている。モンゴル自体標高の高い国で、海抜518mより低い地面はない。密集した森林がHentiyan(ヘンチヤン)山を覆っている。北東部のウランバートルがこの国の首都だ。

モンゴルはとても暑い日ととても寒い日がある。気温範囲はなんと-49℃から+36℃まであり、首都ウランバートルで記録されている。
雪と雨は少ない。

春にはしばしば強烈な風が吹く。
秋は長く、氷点下になる。風は弱く、氷点下-20℃〜-35℃、時に-50℃に達する。冬は快晴が多く、雪は少なく、乾燥しているのが特徴だ。

天然サジーの生息地は広く、20,000haに達する。東京都江戸川区が4つ入る広さだ。モンゴル西部が天然サジーの主要生息地。大草原地帯と砂漠地帯の標高1400〜2000m付近に広がっている。 

モンゴル北部のサジー生息地は川の土手にのみ、小さな集団で散らばっている。Selenge(セレンゲ)川、Orhon(オルホン)川、Eroo(エロー)川などの標高600mあたりの川岸の林に見られる。ウランバートル北西200km付近だ。


この国のサジーは洪水が起こる場所や砂漠に見られる。

モンゴルにはヒッポファエの異なった2つの種、turkestanicaツァーケタニカとモンゴリカが見られる。

ツァーケタニカはBulgan川 とHovd川流域に主に生息。
モンゴリカはその他の地域に生息。











 
 
Copyright (C) 2004 サジー(沙棘)広場 All rights reserved.