サジー(沙棘)をくわしくガイドする総合情報サイト

サジー(沙棘)広場  sajihb.com

サジーと中国緑化

サジーの驚くべき生命力








中国 狭西省、山西省、内モンゴル自治区にまたがる砂漠地帯は激しい土壌浸食と不毛地帯のため『地球上の月』とか、『地球環境のガン』と呼ばれている。この地帯の苛酷な自然環境に適応できる植物は、サジー以外ほとんどない。



降雨時の流水に侵食されて出来る小峡谷(しょうきょうこく)。通常は水がかれている。







サジーの茂みは土壌浸食に歯止めをかけるのに、ご覧の通り威力を発揮する。サジーは丘陵地帯や小峡谷の斜面を緑で覆(おお)いながら大変よく育つ。

ひとたびサジーの茂みが砂と泥の沈殿物の上に覆われると、大規模なサジー根が次から次へと広がっていく。このため新しいサジー苗木が成長する。

こうしたサジーの特性を利用し、人工的に小峡谷な深い溝に植林され、洪水をコントロールし、川底や深い溝の土砂が流されなくなる。そしてついには砂漠地帯の土地浸食を食い止める。



  植林2年目のサジー



 




上下の写真は植林4年目のサジー。

同一地点、角度を変えて撮影。










 
 
Copyright (C) 2004 サジー(沙棘)広場 All rights reserved.